よく聞く「 健康保険の自己負担」とは何?うちの親は何割?

よく聞く「医療費の自己負担分」ということの意味と、実際には医療費はどのくらい支払うのかについて、説明しています。

ここでわかること:
実際に払う医療費は70〜74才は2割、75才以上は1割。所得の多い人は3割

医療費の「自己負担」とは

国民健康保険や協会けんぽなどの健康保険に加入している人は、医療費の一部を支払えばよいことになっています。

ひらめきおじさん左

いわゆる、「保険がきく」ということですね。

案内おばさん右

はい、この支払う分の割合を 「自己負担」 または 「自己負担分」 といいます。

たとえば、こちらの領収書の例。

医療費の自己負担割合の例

このときかかった 医療費は15,530円ですが、実際に支払ったのは1,553円 です。(1割負担の人の場合。)

うちの親の自己負担の割合は?

医療費の自己負担の割合は 69才までは3割 と決まっていますが、70才以上では下図のように年齢と所得で決まっています。

医療費の自己負担割合の説明画像
※1 ここでいう現役並み所得とは、課税所得が145万円以上で、一人暮らしで年収383万円以上、二人暮らしで合計年収520万円以上です。
※2 昭和19年4月1日以前生まれの人と、69才まで1割負担だった人は1割負担です。
このように、医療費で払うのは実際にかかった金額の1割〜3割ですが、それでも金額が大きくなったときの助けとして、「高額療養費制度」というのがあります。

医療費は上限額まで払えばよくなる高額療養費制度を利用しよう