家族で合算もできる「医療費控除」で税金を安くする

病院や薬局のレシートは捨てずに取っておきましょう。家族で合わせた金額によっては、税金が安くなるかもしれないからです。

ここでわかること:
医療費が多くかかったら医療費控除すれば税金が安くなる
経費として認められる・認められない項目がある
医療費控除で領収書は提出しなくて良い

「医療費控除」は税金を安くできる

実際に自分が支払った医療費(自己負担分)とそのほかの治療にかかった経費から税金を軽くする 「医療費控除」 という制度があります。

医療費が多くかかった年は税金を安くできる、というのが医療費控除 です。

親の医療費控除ができる場合

はてなおじさん左

医療費控除はよく「10万円以上払ったとき」っていうけど、そうなの?

医療費控除というのは、一年間の医療費の自己負担が10万円または総所得の5%を超えたときに所得税から控除が受けられる(※)ことです。

※控除が受けられる…「税金を計算するときのもとになる所得金額を安くする」こと。税金から直接差し引くのと違うことに注意。
おっけーおじさん左

「総所得の5%」ということは、年収が200万円未満の人は10万円にとどかなくてもできるね。

おすましおばさん左

医療費控除を受けるために税務署に申告するのは、 「その年に払った医療費」から、「医療費のためにもらったお金」を差し引いた金額です。

「かかった医療費が十万円以上ならいい」ではないことに注意しましょう。

医療費控除のポイント

  • 医療費の自己負担(病院代のほか、交通費や薬など)が年間10万円(または総所得の5%)を超えればできる
  • 一人で10万円以上ではなく、ひとつの生計で10万円以上(つまり、家族合算ができる)
  • 家族それぞれ別の保険組合の保険証でもOK
  • 合算するときは、家族の中の収入の多い人がするとトク
  • 翌年の住民税が安くなることがある
  • 年金収入だけの人も受けられる
  • 別居でも経済支援の事実があればできることもある
  • サラリーマンなど確定申告していない人は5年さかのぼれる

医療費控除の計算のしかた

医療費控除の金額の計算イメージ

ただし、 健康保険からもらえる「傷病手当金」は医療費のためのお金ではなく、生活費の補助が目的なので、差し引く必要はありません。

おっけーおじさん左

「このお金は差し引くべき?」と迷ったときは、保険会社や税務署に確認しましょう。

医療費控除の対象になるもの

医療費控除の経費に入れられるものには、 「治療に必要だったかどうか」 という基準があります。

そのため、保険のきかない治療や食事代なども対象になっています。

控除の経費になるもの
  • 保険のきく治療費、薬代
  • 保険のきかない治療費(先進医療など)、薬代
    先進医療について
  • 入院中の食事代(病院で出たもの)
  • 差額ベッド代(本人や家族の希望によるものではなく、病院都合や治療上のものによるとき)
    →差額ベッド代については「同意書について」
  • 通院や入院中の患者本人のバス・電車の交通費(タクシーは緊急時のみ)
  • 必要な市販薬代(かぜ薬、痛み止めなど)
  • 治療のための鍼灸、あんま、マッサージ、柔道整復師などの施術費用(治療に必要な場合のみ)
  • 医療用の器具代(松葉杖、コルセット、ギプス、義足、義歯、補聴器など)
  • 紙おむつ代(医師の使用証明書が必要)
  • 付き添い費用(外部サービスに依頼したとき)
    →家族が付き添いできないとき
  • 介護保険のもとで提供された一定の居宅サービス費用(訪問看護、訪問リハビリ、居宅療養管理指導、通所リハビリなど)

医療費控除の対象にならないもの

医療費控除では、「予防のためのもの」「治療に要したのではないもの」は対象になりません。

控除の経費にならないもの
  • 差額ベッド代(本人や家族の希望によって使用したとき)
  • パジャマなど衣類、タオル
  • 洗面用具などの日用品
  • 電話代
  • テレビ・ラジオ、本・雑誌代
  • 栄養ドリンク、サプリメント
  • 病気予防・健康目的のビタミン剤
  • 予防接種代
  • マイカー通院のガソリン代・駐車場代・高速道路料金
  • 見舞いにくる家族の交通費
  • 快気祝い
  • 医師や看護師、親族への謝礼

    医療費控除の手続きのしかた

    確定申告をしている人は、「医療費控除の明細書」に記入し、確定申告書に添付します。

    サラリーマンなど給与所得の人は源泉徴収票も必要です。

    平成29年からは領収書の提出も不要 になり、手続きが簡単になりました。(領収書は5年間保管しておくことになっています)

    健保組合から送られてくる「医療費のお知らせ」があると、明細書の記入もしなくてよいので楽です。「医療費のお知らせ」は常に保管しておくようにしましょう。