退院後に介護サービスを利用できるよう、入院中に要介護認定を受ける

親が退院後に「介護や支援が必要になる」「介護施設に入所する」ときは、介護認定を申請しましょう。

介護保険から補助を受けてホームヘルパーや施設を利用するには「要介護認定」を受けていることが条件です。

ひらめきおじさん左

要介護認定の手続きと審査は入院中でもできます。

介護保険サービスを受けるには認定が必要

「介護保険サービスを受ける」 というのは、介護に必要なサービスを介護保険の利用補助を受けて利用することです。

介護サービスを実際の料金の1割の自己負担で受けるには、65才以上で「要介護認定」を受けている必要があります。

補足: 収入の多い人は自己負担が2割または3割です。

45才〜64才の人でがんなどの特定疾病がある人も介護認定を受けられることがあります。
おすましおばさん左

認定には、申請してからサービスを利用できるようになるまで1ヶ月ほどの時間がかかります。

入院中に要介護認定を受ける流れ

主治医・ソーシャルワーカーに相談する

退院までに病状が変化することもあります。申請のタイミングについては主治医や医療相談室のソーシャルワーカーに相談しましょう。

おすましおばさん左

介護認定の審査には主治医の意見書を書いてもらいます。

主治医に意見書のことを心づもりしてもらうという意味でも、認定審査を受けることを相談しておくと良いでしょう。

自治体窓口か包括センターに申請する

親が住んでいる市区町村の役場か、地域包括支援センター(高齢者サポートのための公共の相談窓口)に「介護認定の申請をしたい」と連絡し、手続き方法や持ちものについて問い合わせます。

持ち物は自治体によって違いはありますが、

  • 介護保険証
  • 印鑑
  • 親本人の身分証明書
  • 認定申請書(主治医の名前、連絡先を書く欄がある)

といったものであることが多いです。

おっけーおじさん左

手続きは、本人以外に家族が行うこともできます。本人も家族もできないときは代行を依頼することもできるので、窓口に相談してみましょう。

主治医意見書を書いてもらう

役所から主治医に、 「主治医意見書」 を書くよう依頼があります。

依頼や書類作成にかかる費用も役所が支払うので、ここで本人や家族がすることは特にありません。

認定調査をうける

認定調査 を受けます。

認定調査とは、指定された日時に認定調査員が自宅(または介護施設、病院)に来て、本人の様子や家族の話などを聞いて調査票に記入する面接 のことです。

ひらめきおじさん左

認定調査の結果が、受けられる介護サービスの内容を大きく左右します。

当日までに上手な受けかたを知り、家族で相談しておくと良いでしょう。

判定が出る

コンピュータが行う「一次判定」と介護認定審査会による「二次判定」によって要介護度が決まり、通知がくればサービスが利用できるようになります。

認定前に介護サービスを受けたいとき

「すぐに介護保険のサービスが必要なのに、認定が間に合わない」ときは、 認定を見込んで先にサービスを利用するという方法もあります。

最終的に認定された要介護度は、申請した日にさかのぼって有効 となります。

つまり、認定が出る前の期間でも「おそらくこの程度の要介護度になる」という介護度のサービスを受けることができるというわけです。

案内おじさん右

このように「認定前から介護保険のサービスを受けたいとき」は、要介護認定の申請を受けるときに窓口に申し出ます。

ただしこれには、介護度の認定が思ったより低かったり、認定がされないというリスクもあります。

見込み利用は慎重に検討してからにしましょう。