医療費は上限額まで払えばよくなる高額療養費制度を利用しよう

「医療費がたくさんかかりそう、払えるだろうか…。」と悩む前に。健康保険に入っていれば、実質の支払額は低くなります。

高額療養費制度 (高額医療支給制度)とは、病院や薬局での医療費で支払ったお金を、いくらか払い戻してもらえる制度 です。

高額療養費制度とは

高額療養制度は「自己負担分を払ったあとに手続きをすれば、決められた額を超えたぶんが戻ってくる」というしくみです。

高額療養費とは

  • 国保、企業健保などの健康保険などに加入している人が利用できる
  • 70才〜74才は全部の医療費、70才未満は21,000円以上の支払いが対象
    75才以上は後期高齢者医療制度 で、これについては後の方で書いています)
  • 払い戻しには、申請してから三ヶ月ほどかかる
  • 申請の期限は二年間となっている
  • 病院や薬局は複数でもOK
  • 高額療養費制度があてはまるのは、健康保険がきく医療費のみ(個室を希望して使ったときの差額ベッド代や食事代、先進医療にはきかない)
※ 先進医療…健康保険のきかない新しい治療方法
  • 一年間で4回以上の払い戻しを受けると、 4回目からの限度額がさらに低く なる(非課税世帯の方は4回目以降も同じです)
  • 「限度額適用認定証」があれば、払い戻しの手続きなしで最初から上限金額だけの支払いで済む
  • 限度額認定証をもらうには、あらかじめ手続きが必要
  • 限度額認定証もないが、窓口での負担が大きくて 払えないときには無利子で返金分を借りられる 「高額療養費貸付制度」というのがある
  • 高額介護サービス料制度と合算が可能

おすましおばさん左

毎月一日〜末日までの金額で計算するので、入院する日を調整できるのであれば、月をまたがないほうが費用としてはお得になることも覚えておきましょう。

 

74才までの限度額はいくら?

高額医療費の限度額は年齢や所得によって、下の表のように決まっています。(2018年8月〜)

69才までは、「世帯ごとの入院と外来にかかった医療費」に上限額が設定されています。↓

<69才以下>
高額療養費の適用区分とひと月の上限額1

70才以上になると、「個人ごとの外来」にも上限額が設定されています。↓

<70〜74才>
高額療養費の適用区分とひと月の上限額2

75才以上の限度額はいくら?

75才以上になると、国保などの健康保険からは抜けて、「後期高齢者医療制度」に加入します(一定の障がいのある方は65〜74才の場合もあります)。

後期高齢者医療制度のほうの高額療養限度額は下の表のように決まっています。

後期高齢者高額医療費の上限金額(2018.8月〜)

高額療養費の適用区分とひと月の上限額3

高額療養費の適用区分とひと月の上限額4下の表の区分Ⅰは、住民税非課税世帯で世帯全員が年金収入80万円以下、その他の所得がない方。または、住民税非課税世帯で老齢福祉年金を受給している方。

区分Ⅱは、住民税非課税世帯で、区分Ⅰに該当しない方。区分Ⅰ、Ⅱの方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」(※)を提示することにより、医療機関の窓口での自己負担額が上表の自己負担限度額までとなります。

出典:東京都後期高齢者医療広域連合HP

(※)限度額適用・標準負担額減額認定証…非課税世帯などの方に発行される認定証のこと。これを病院窓口で見せることにより、限度額まで支払うだけで済み、一度払ってから払い戻しを受ける手間がありません。
おすましおばさん左

払戻しの手続きは医療広域連合の窓口でします。連絡先は「(都道府県名)+ 医療広域連合」のキーワードでネット検索すれば見つかります。

そのほかの医療費助成制度

難病法による特定疾患の医療費助成

人工透析、血友病など「指定難病」の治療には医療費の助成制度があります。

「自由診療と保険診療」保険外併用療養

「保険がきく」治療と「保険がきかない」治療を組み合わせることを「混合診療」といいます。

はてなおじさん左

混合診療を受けると、「保険がきく」医療費の部分もふくめた全体に保険がきかなくなってしまうんだよね。

おすましおばさん右

一部の治療については 「保険がきく」治療の分は保険をきかせてもらえる制度があります。

新しい治療法を受けるなどで費用が高くなりそうな人は、「保険外併用療養制度」を利用できるかどうか調べてみましょう。

「どこまで保険がきく?併用できる?」保険診療と先進医療について

高額療養費制度などを利用しても年間医療費がたくさんかかってしまったら、医療費控除で税金を安くしましょう。

家族で合算もできる「医療費控除」で税金を安くする

ポイントまとめ
医療費を払った後手続きすると払い戻しがあるのが高額療養費制度
認定証があれば、払い戻しの手間がない
70才・75才を境目に
上限額の設定と窓口が変わる
難病や先進医療にはまた別の助成制度がある