インデックス投資のAtoZ。「お金は寝かせて増やしなさい」感想レビュー

「ドルコスト運用法でインデックス投資」に集中するための本

インデックス投資を15年間継続し、資産を150%に増やしてきた(出版当時)個人投資家の水橋ケンイチさんの著書です。

内容を一言で言うと「ドルコスト運用法でインデックス投資するための全てが詰まった本」と言う感じ。

「どのぐらいの資産を投入すべきか」というところから、リスクの取りかた、調整のしかた、取り崩す方法まで事細かに紹介されています。

飛びつく前に読むべき

株価の動きに一喜一憂して人生の貴重な時間を費やすことなく「一度仕込んだらあとはほぼ寝かせておくだけ」というメリットだけ見てインデックス投資に飛びつく前に、まさに「読むべき本」。

何度も繰り返しますが、リターンからではなく、リスクから資産配分を決めるという手順を間違えないでください。

腹に落としておきたいのは、私たち投資家がコントロールできるのは、コストと、せいぜいざっくりとしたリスクまでで、将来のリターンはコントロールできないと言うところです。

お金は寝かせて増やしなさい」本文より引用

すぐ口座開設して、すぐ始めたい!と思いがちな私たちに、「まず生活の基盤を固め」「リスクの面から考え」「商品選びはコストをよく見て」「税優遇が利用できるか考える」という、開始のステップが本当にわかりやすい。

著者自身の経験と反省に基づいたリスク許容度の考え方や暴落時の自己コントロールもしっかりと腹落ちさせてからなら、安心して投資に臨めそうです。

個人投資家だからこそ、長く続けて成果を出している人だからこその視点が読めるのも、ほかの投資本とは一味違うところです。

金融機関やマネー誌が発信する情報は、「次に騰がる注目銘柄はズバリこれ!」とか「スゴ腕ファンドマネジャーの相場予測!」とかそんな情報ばかりで、資産配分の重要性についての情報など私たちの耳にはほとんど入ってきません。

これは、いったいどういうことでしょう?

それは、金融機関が売りたい商品と、投資家が必要な商品が違うからです。

「お金は寝かせて増やしなさい」本文より引用

それにしても、インデックス投資について、初心者が知りたいことや自分で判断できないことについて漏らさず書いてあるものだな…と思ったら、著者のブログで本の内容にリクエストを募集、採用していたとのこと。納得です。

「お金は寝かせて増やしなさい」
「アセットアロケーション」「リバランス」辺り特によかった

もし、自分だったら…と想像して

ひととおりの説明が終わった第5章。水橋さんの15年間を追体験できる「涙と苦労のインデックス投資家15年実践記」が出色です。

リーマン・ショックや東日本大震災・アベノミクスのさなか資産はどう増減したか、周囲の反応は?など、著者の体験した天国と地獄が10分で読めるようになっています。

具体的な資産金額は書いていないものの、文章内の増減パーセンテージにあてはめて「これが自分の1000万なら?」「3000万なら?」と想像しただけで船酔いしそうな大波小波が打ち寄せる感覚が味わえました。

時々訪れる大波にも船から振り落とされない!

この章のまとめ「インデックス投資を15年実践してわかったこと」で受ける重みは、乗り越えてきた人の言葉ならでは、といった感じです。

99.9%内容は有益ですが

無駄なところがなくて非常に得るところが多い本です。

下手なセミナーなど行くならこれを読んだ方がどれだけためになるか…!

一つだけ、あくまでも私の理解力不足によるものですが、リターンやリスクの数字についてが難しくてよくわかりませんでした。このあたり、もう少し詳しく図解になっていたらよかったかも。

本文中のおすすめファンドは出版された2017年当時のものであることを念頭に置いて、本を読んでいる間は参考程度にとどめました。

本の中で紹介している著者のブログの最新記事を参考にしてもいいですし、現在の情勢を見て判断することが必要かと思います。

こんな人におすすめ

インデックス投資に興味があるが、理解が浅いために踏み切れない人

  • ある程度、本を読みなれている人(難解ではないが、すごく平易な文章というわけではない)
  • 時間をかけずに投資をしたい人
  • 自分で銘柄を選べない人
  • インデックス投資をじっくり学びたい人
  • インデックス投資に興味があるが、理解が浅いために踏み切れない人