親が元気なうちだから聞ける、知っておくべきこと

親が入院や病気など生活の変化がおきたとき、子が戸惑わないよう、知っておきたいことについてまとめています。

親の健康にかかわること

診療に必要な、親の健康状態や医療情報について、知っておきましょう。

倒れたとき、急に入院になったとき必要な情報です。

健康に関する情報

  • 既往歴(いままでかかった病気)
  • 健康状態
  • 持病
  • アレルギー
  • 飲んでいる薬
  • かかりつけ医・かかりつけ薬局

おつきあいと連絡先

親がおつきあいしている人々について子どもはわからないことが多く、 親が倒れたとき、誰に連絡すべきか困ることがあります。

親本人が忘れていることもあるので、さりげなく郵便物や電話番号リストなども見てみましょう。

親のおつきあいについて

  • 友人や同僚、近所の人の連絡先
  • 参加しているサークルや習い事
  • 親類の続柄と連絡先
  • 担当ケアマネージャーの連絡先
  • 入院したときに知らせて欲しい人
  • 葬儀に呼んでほしい人

日ごろ利用しているサービス

賃貸契約・ライフライン・定期購入サービスなどの、親が契約していることや利用しているサービスについて聞いておくと、何かの時にすぐ停止手続きをすることができます。

利用しているサービス

  • 賃貸契約書の場所、大家さんの連絡先
  • 水道電気ガスの領収書の場所(サービスセンターがわかります)
  • 定期利用しているサービス(新聞購読、雑誌定期購読、お取り寄せ便、化粧品など)

「もしも」のときの希望

はてなおじさん左

看護の希望・介護・葬儀などについては親子でも聞きづらい内容ですが…

おすましおばさん左

家族がその選択に迷うことのないよう、「親が意思表示できるうちに」聞いておくと良いです。

「念のため」聞くこと

  • 入院するなら希望する病院はあるか
  • 入院費用はどうするか
  • 自宅介護・施設介護のどちらを希望するか
  • 告知をしてほしいか
  • 胃ろうなどの延命措置を希望するか
  • 自宅や病院など、最後を迎えたい場所はあるか
  • 葬儀・埋葬はどうして欲しいか
  • 臓器提供・献体の希望はあるか
  • 相続はどうしたいか