いざというときのために、親の財産のことを知っておく

いざというとき子が困らないよう、親の財産を把握するポイントについてまとめています。

親のお金関係は、親族間トラブルにならないよう関係者全員に了解をとったうえで行うようにしましょう。 

預金・保険関係

預金や保険のことは親子でも聞きにくい場合があります。

おすましおばさん左

しかし、預金や保険はいざというときの医療費の支払いや保険金の受け取りには必要なものですから、やはり知っておきたいですね。

親名義以外にも、子や孫の名義でしている貯金や保険がないかも聞いてみます。

はてなおじさん左

通帳ではない証書の定期預金や貸金庫の存在は、本人以外知らなかったり、本人が忘れてたりするんだよね。

証書や貸金庫はその存在だけでなく、解約に必要な証書の保管場所も知っておきましょう。

預金

基本的に預金は本人にしか出金できないものですが、キャッシュカードを預かって暗証番号を親に聞いていけば代理で出金することは実際には可能です。

はてなおじさん左

でも、認知症などで意思疎通が難しくなってしまってからでは代理出金もできないかも…

急な入院などの可能性を考えると、子がキャッシュカードの保管場所と暗証番号を知っていると安心です。

案内おばさん右

多くの金融機関で「代理人カード」という2枚目のカードを作成できるので、それもひとつの方法です。

定期預金

定期預金の解約は本人にしかできません。

委任状を提出することで可能になる金融機関もありますが、「本人以外は絶対不可能」という金融機関もあります。

はてなおじさん左

代理で解約できるとしても、電話確認や面談などの手続きが必要になるのか…。
すぐには無理だろうな。

親が認知症などで意思疎通ができなくなると、代理人をたてることさえ不可能になることもあります。

おすましおばさん左

めんどうな手続きを避けるために、定期預金は解約をしておくという選択もあります。

メリットデメリットをよく考えて検討してみましょう。

貸金庫

貸金庫も、定期預金と同じように親と意思疎通が取りにくくなったときにあつかいが面倒になるものの一つです。

親と話し合ってみて、必要性が低いようなら解約するという選択もあります。

保険

親がどんな保険に入っているか、証書はどこにあるかを聞いておきます。

いまの保険の保障が本当に必要なのかもチェックしてみましょう。

ひらめきおじさん左

国民健康保険などの健康保険に入っている人は「高額療養費制度」などの医療費を軽くする制度があります。

医療費を安くするためにするのはこれ!3つの助成制度

「入りすぎている保険はないか?」「保証は高すぎないか?」などなど、今の保険でよいのか見直してみるのもよいでしょう。

保険の見直しにはいろいろな方法がありますが、保険の比較サイトを利用するのが最適の保障を見つけるのにはいちばん簡単です。

数ある保険比較サイトの中でも「保険コネクト」はチャットで相談できるうえ、しつこい勧誘をしないことをうたっているので安心感があります。

保険コネクト

案内おばさん右

受取人が今のままでよいかということも、もう一度考えてみましょう。

受取人が配偶者などの高齢者になっていると、認知症や意識不明などで意思疎通がとれなくなるリスクが若い人よりも高くなります。

生命保険の指定代理人請求をしておく

保険金の請求は原則として本人にしかできませんが、あらかじめ「指定代理人」を指定しておけば代理人でも可能になります。

ひらめきおじさん左

この「指定代理人」の指定は、親が元気なうちにぜひやっておきたいことの一つです。

指定代理人になれる人や手続きのしかたは保険会社や契約内容によってちがうので、確認してみましょう。